top of page
iStock-971549280_edited_edited.jpg

BIM
エンジニアライセンス

国土交通省建築BIM推進会議のワークフローを参考にした
フルオンライン化民間BIM資格試験

カーソル.png

このようなお悩みはありませんか?

CAD?  BIM?

BIMを使うつもりでソフトを導入したけど、結局CADのような使い方になっていて、全然意味ないじゃん。。。

悩み1.jpg

作図方法の個人差が大きい

​チームメンバーのBIMに対する理解度が異なり、お互いのコミュニケーションが取りずらいほか、作り上げたデータも共用しずらい。。。

悩み4.jpg

​作業が全然終わらない

BIMソフトを使ってるのに、作図作業のスピードが上がらない、終電が日常になってもうイヤッ!!

悩み3.jpg

BIMレベルをアピールしたい

BIMスキルを持っているのに、どのようにアピールしたらいいか、簡単に相手に伝わる指標がなくて困るなぁ。。。

悩み6.jpg

協力会社のデータがバグだらけ

各会社がメインに使っているソフトが異なるため、受領したデータを自社用に整理するために大変苦労してる!!

悩み5.jpg

人材採用の方向性がない

会社側として、BIMの人材を採用したいがBIM実技レベルを判断できる基準がなくて、採用のリスクが上がる。社内のBIM化を諦めるか。。。

どうしてこうなるの?どうすればいいの?

point1.png

BIMに対する理解度が低い・真の力を発揮できていない

CADの作図習慣を捨てて、BIMの考え方で作業を進めるのが大事!

资源 1_4x.png

CAD作業の流れ

BIM作業の流れ

  VS  

BIM流れ_4x.png

BIMはCADと同様に平面図の作成から作業を始めますが、すべての情報が連動して収められているため、一か所で情報変更の必要があった場合、それを修正すれば全データが自動修正反映されます。

また、3次元の建物モデルを中心に構築されることにより、建物の全体像を視覚的に理解し、空間の関係を容易に把握できます。2次元の図面では難しかった柱、梁とダクトや配管などの躯体・設備の干渉チェックはもちろん、建物と周辺環境の日当たりなどの関係性も簡単にチェックできます。

BIMの長所を上手く理解した上で作業を進めると、設計効率の向上にも繋がれば、設計や施工のミスを減らし、企業に与える損失の低減も期待できます。

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /
\ 試験概要のダウンロードはこちら /
point2.png

BIMデータ制作時の共通認識が足りない

異なるソフトだとしても、BIMの作成方法は統一しましょう!

资源 5_4x.png

BIMソフトの種類が複数ある中、ソフトを学ぶルートも様々。BIMのユーザーが皆独自の習慣でデータ制作をしているのが今の現状ではないでしょうか。

日常で使われているBIMソフトを使いこなすだけで終わりではありません。建築プロジェクトは大きな仕事なので必ず他人と協力することになります。常に他人と共同作業を行ったり、他の専門分野の部署/会社とデータの受渡をしたり、または納品時にBIMデータを施主に提供して、建築ライフサイクルの次のステップに活用できるようにBIMを構築する必要があります。

BIMにおける情報の考え方・モデル作成ルールを含めた「BIMの共通認識」をきちんと身に付け、どんなソフトを使うとしてもBIM連携ができるデータ作りを目指しましょう。

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /
\ 試験概要のダウンロードはこちら /
point3.png

日本にはまだBIM実技レベルを判断・評価する基準がない

BIMエンジニアライセンスは日本初のBIM総合能力判断基準!

资源 7_4x.png

実技レベルを評価する基準といえば実技能力認定試験。BIMソフトメーカー各社が主催している認定試験はあくまでそのソフトに対する熟練度を測るものに過ぎないです

BIMエンジニアライセンスは、BIMソフトの操作は必要ですが、各種ソフト間の壁をなくしました、BIMの本来あるべき姿に対する理解度を評価する「BIM総合能力」の判断基準になります。

将来は「ソフトの人材」より「BIMの人材」の需要性が高まってくるでしょう。BIM総合能力を評価する基準があれば、BIMを学習する際の目標が明確になるほか、今後のキャリアにも大きく関わってくることになりると信じています。

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /
\ 試験概要のダウンロードはこちら /
錨點 1
錨點 2
錨點 3
iStock-1387999856.jpg

BIMエンジニアライセンスとは

日本BIM協会では、BIMの概念を正確に理解しており、BIM制作ソフト(Archicad /Revit / Vectorworksなどソフトの種類は問わない)を用いてBIMモデルを作成し、さらにそれらをIFCモデルや設計図書としてアウトプットする能力を持っている者のことを「BIMエンジニア」と定義します。BIM普及には、このBIMエンジニアを育成していくことが最重要課題であり、さらにそれを証明するシステムが必要になると考えます。
「BIMエンジニアライセンス」は、等級別試験を通してそれら能力を測り、一定水準以上の能力が認められた者に各等級の資格を授与し、その者の能力レベルを証明する認証システムのことです。

全部で三つの等級で構成されます。

资源 3_4x.png

試験内容:実施設計S3レベル(LOD300程度)のBIMモデルの作成ならびにそれらをIFCや基本

     設計図書としてアウトプットする能力を測る試験

受験条件:BIM及びBIMエンジニアライセンスの目的や価値をよく理解している者(実務経験や

     学習時間は問わない)。

試験時間:学科試験(30分)・実技試験(120分)

採点比重:学科試験(30%)・実技試験(70%)

合格基準:100点のうち80点以上

受験回数:一度の申し込みにつき、2回まで受験可能

 料:15,000円(税抜)

習方法BIMクリエター講習を聴講し、十分に理解したうえで受験することを推奨

  料:50,000円(税抜)

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /
\ 試験概要のダウンロードはこちら /

​合格後の進路

設計補助者_4x.png

設計補助者

建築設計者_4x.png

​​建築設計者

BIMモデラー_4x.png

BIMモデラー

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /
\ 試験概要のダウンロードはこちら /
iStock-1500623159_edited.jpg
旧試験日程

2024年度第1回
BIMクリエイター試験

(申込終了)

                                                      ー 試験日程 ー

申込期間:2024年4月1日~5月31日
試験期間:学科試験
 2024年6月1日~7月16日
(期間中で2回受験可能)
     実技試験 第1回試験:2024年6月1日~6月17日     合否発表:6月18日
          第2回試験:2024年6月29日~7月16日   合否発表:7
月17日



               
 講習会動画配信日程

4月:12日・16日・19日・23日・26日・30日
5月:  3日・  7日・10日・14日・17日・21日


全12回、1講座約60分、5月31日まで視聴可能(試験期間を除く)


講習会への参加は必須ではありませんが、BIMへの理解を深めるためにも講習会の受講を推奨しています。
               


                 
 受験料及び受講料 

受験のみ:  ¥16,500(税込)
受験+受講:¥71,500(税込)

新試験日程

2024年度第2回
BIMクリエイター試験

                                                      ー 試験日程 ー

申込期間:2024年7月1日~8月31日
試験期間:学科試験
 2024年9月1日~10月6日
(期間中で2回受験可能)
     実技試験 第1回試験:2024年9月1日~9月7日     合否発表:9月19日
          第2回試験:2024年9月30日~10月6日 合否発表:10
月18日



               
 講習会動画配信日程

7月:  9日・12日・16日・19日・23日・
26日
8月:  2日・  6日・  9日・13日・16日・20日


全12回、1講座約60分、10月31日まで視聴可能(試験期間を除く)


講習会への参加は必須ではありませんが、BIMへの理解を深めるためにも講習会の受講を推奨しています。
               


                 
 受験料及び受講料 

受験のみ:  ¥16,500(税込)
受験+受講:¥71,500(税込)

\ BIMクリエイター講習・試験申し込みはこちら /

                 参考資料 

本試験は以下の国土交通省資料を参考にして内容構成を考えております。
​BIMを学ぶ過程、試験準備の過程においての参考資料としてください。

・国土交通省 建築BIM推進会議様

「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第2版)」(令和4年3月)
・設計三会(日本建築士会連合会・日本建築士事務所協会連合会・日本建築家協会)
「設計BIMワークフローガイドライン 建築設計三会(第1版)」(令和3年10月) 
 

bottom of page